由緒ある天然温泉を贅沢に【 源泉かけ流し 】

日本三古湯と称される「白浜温泉」は、
古来より治療・静養に効果がある湯治場として愛されています。
肌に優しく滑らかな泉質で、様々な効能があります。(下記分析表をご参照ください)

長生の湯は、長生源泉と東谷源泉の2つから引湯しております。
夏期には比較的温度の低い東谷源泉(約60度)をメインに、
冬期は高温の長生源泉(78度)をメインに使い分けながら
源泉掛け流しを維持しております。


長生源泉は約800メートルほど離れた山間部よりパイプラインによって引湯されており、長生の湯のみならず近場の保養所や民宿、一般家庭にも配湯されております。 源泉の温度は80度ありコンプレッサーによる動力泉です。泉質は重曹泉です。現在はナトリウム炭酸水素塩化物泉という呼び方をします。弱アルカリ性で非常にお肌がツルツルする泉質で美肌効果の強い温泉です。
女性にも大変人気があり、美人の湯としても有名です。 飲泉場所では温泉を飲むことができ、慢性胃腸炎、便秘、痛風、肝臓病などに効果があると言われております。

長生温泉:浴用の適応症

神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康倍増、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病

長生温泉:飲用の適応症

慢性消化器病、慢性便秘、通風、肝臓病

【 源泉かけ流し温泉宿の秘密 】

長生庵および長生の湯の温泉は経営会社が所有する源泉より専用パイプによって送られています。
白浜温泉郷にあっても源泉を所有する宿は多くはありません。
源泉であるがゆえに炭酸カルシウム成分などが高くパイプや施設が詰まりやすく日々の管理やメンテナンスが大変です。
また温度管理や泉質の調査も怠ることはできません。
この素晴らしい源泉を宿泊や湯治のお客様に常に安全にお届けするためにインフラ整備や泉質チェック、衛生管理にスタッフ総員で尽力しています。

長生源泉概要
泉質 ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉
泉質分類 弱アルカリ性低張性高温泉
泉温 78.9
加温加水について 加温なし 源泉高温のため、浴槽清掃後の貯湯時のみ加水
浴用効能 神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康倍増、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
飲用効能 慢性消化器病、慢性便秘、通風、肝臓病
東谷源泉概要
泉質 ナトリウムー炭酸水素塩・塩化物温泉
泉質分類 弱アルカリ性低張性高温泉
泉温 61.7
加温加水について 夏季高温すぎる場合のみ加水
浴用効能 神経痛、筋肉痛、五十肩、運動麻痺、関節のこわばり、うちみ、くじき、慢性消化器病、痔疾、冷え性、病後回復期、疲労回復、健康倍増、きりきず、やけど、慢性皮膚病、虚弱児童、慢性婦人病
飲用効能 慢性消化器病、慢性便秘、通風、肝臓病